症例のページです

電話番号

歯肉口内炎・歯の吸収性病巣(全臼歯抜歯)

8歳 日本猫 ♀

1年前から口内炎のため他院にてステロイド注射と点滴を繰り返しましたが、徐々に効かなくなり、「口の痛みのためご飯が食べられない」という主訴のため来院されました。

1.正面外観です。
歯肉と口腔尾側粘膜が赤く炎症を起こしています。

2.レントゲンでは歯の吸収病巣も認められます。

3.歯肉を切開して臼歯を分割して、

4.確実な抜歯を行い、

5.周囲をきれいにして縫合します。

6.右側下顎も臼歯を抜歯・縫合します。

7.左側も同様に

8.上顎臼歯を抜歯、縫合し

9.下顎臼歯も抜歯、縫合しました。

このように全臼歯抜歯を行う事で、口内炎、口腔尾側粘膜の炎症も改善されました。
ステロイド治療を長期的に使用していると完治しないため、口内炎のため抜歯が必要と判断された時は、早い時期での全臼歯抜歯が望まれます。

『ご飯を痛そうに食べる』の記事一覧

この他に投稿されている記事はありません