症例のページです

電話番号

永久犬歯の欠損・前臼歯の変形歯

本日の歯科症例は、7ヶ月のチワワ♀です。

 

以前から、歯科検診で

・6カ月になって下顎永久犬歯が萌出しても、上顎永久犬歯が認められない

・下顎犬歯が、上顎切歯の舌側に咬合

・遺残乳歯が多数など

いくつかに気なる点があるので、避妊手術の際にレントゲン検査で確認しましょうと、ご提案していました。

 

右側外観と下顎外観の写真は、この様な感じです。

皆さん、何が問題かわかりますか・・?

レントゲン検査では、

この様な感じです。

上顎永久犬歯は左右とも本当にありませんでした。

右下顎永久前臼歯を保存するため、乳臼歯を抜歯し、下顎犬歯は外科矯正を実施しました。

麻酔をかける前に、おおよその手術のイメージはしているのですが、実際は歯科レントゲン検査を実施しないと判りません。

術中レントゲン検査など評価をして、術前イメージと違ってたりすると、ドキドキするのと、”歯科は面白いなぁ”と感じるところです。

今回の処置で、今後の問題は全て解決できた訳ではなく、乳歯が時間と共に吸収されて欠如すると思われます。

 

今後も定期的に口腔内を検診させていただこうと思います。

『乳歯が残っている』の記事一覧