てらい動物病院|奈良県奈良市の動物病院,犬・猫などの健康管理、診察に対応しています

お知らせ 求人募集
アクセス よくあるご質問 電話番号:0742-52-1515(受付時間:9:00〜12:30 16:30〜19:30)

院内ツアー

  • 診療カレンダー Calendar
  • よくあるご質問 Q&A
  • はじめて子犬を飼う方へ
  • てらい動物病院 Blog

私達の病院を紹介します!

院内紹介へGO!   動物病院の裏側へGO!

 

院内をご紹介させていただきます!

受付    
受付 まず、入って正面に見えるのが受付です。
どの様な事でも、お気軽に受付スタッフにお申し付け下さい。
待合室    
待合室 受付が済みましたら、待合室のイスにかけてお待ちください。
奥の扉が第一診察室、真ん中の扉が第二診察室になります。
第一診察室    
第一診察室 窓際に面した明るい診察室で、大型のワンちゃんでもゆったり入っていただける広さになっています。
飼い主様や動物さんに気持ちよく入っていただくため、診察台と床は診察が終わるごとに毎回掃除を行っています。
第二診察室    
第二診察室 窓が無いため、光が入ってくることがなく、眼検査に適しています。
こちらも第一診察室同様、診察台と床は診察が終わるごとに毎回掃除を行っています。
 

続いて、普段入っていただく機会の少ない病院の裏側をご紹介させて頂きます!

検査機器のご紹介
顕微鏡 顕微鏡
顕微鏡では、フィラリア寄生の有無の確認、皮膚寄生虫検査、糞便検査、尿検査、耳垢検査など、肉眼では確認できないものを顕微鏡で検査します。
生化学検査 生化学検査
この機械では、動物さんの血液を使って腎臓や肝臓、血糖値などの内臓の数値を検査することができます。
自動血球計算機(レーザーサイト) 自動血球計算機
(レーザーサイト)

この機械では、同じく動物さんの血液を使って、白血球・赤血球・血小板の数を測定します。
この検査で身体のどこかで炎症が起こっていないか、血液に関係する病気がないか等を調べることができます。
遠心分離器 遠心分離器
この機械では、細いガラスの管に血液を入れて高速で回すことによって血液の成分を分離します。この検査では貧血の有無、血液の栄養状態などを調べることができます。
眼科検査器具 眼科検査器具
左から順に・・・
(1) パンオプティック検眼鏡:動物の眼に近づける事によって、広範囲な眼の細部が拡大されます。主に眼底の網膜などを拡大します。
(2) ハンドスリットランプ:帯状の光束を用いて、角膜や水晶体の異常を判断することができます。
(3) トランスイルミネーター、非曲面レンズ:スポット光源とレンズを用いて、眼全体を広く観察・診断することができます。
(4) トノベット:動物の眼圧を苦痛なく測定することができ、緑内障等の早期発見・予防に役立ちます。
インスリン治療器具(カートリッジ式インスリン注射器) インスリン治療器具(カートリッジ式インスリン注射器)
動物さんも人間と同じように糖尿病になった場合、インスリン治療が必要になります。
この様なペン型インスリン注射器であれば、針先のみを交換するだけで、ご自宅で簡単に注射が出来ます。
 
レントゲン室
レントゲン室 こちらはレントゲン室です。レントゲン室も第一診察室同様、ゆったり入っていただけるスペースを確保しています。レントゲンを撮る際に恐がる動物さんが多いため、飼い主様と一緒に入っていただくこともございます。
歯科用レントゲン(OVX-F1) 歯科用レントゲン(OVX-F1)
動物の歯を歯科専用レントゲンフィルムを用いて撮影します。歯周病の原因の歯を見つけたり、抜歯が必要か判断します。
 
手術室
手術室 手術室
手術室には、安全に麻酔をかけて手術を行うための麻酔モニターや器具を準備しています。
マルチモニター マルチモニター
安全に麻酔をかけて手術を行うため、身体の様々な数値(心拍数、呼吸数、体温、血圧、酸素飽和度、麻酔濃度など)を測定することができます。
カラードプラー超音波検査装置 カラードプラー
超音波検査装置

この検査では動物さんが痛みを感じることなく、腹腔内の臓器・心臓のリアルタイムな画像が評価できます。
マイクロエンジン マイクロエンジン
歯科処置で歯の表面を綺麗に磨いたり、歯を削る際に様々なチップを差替えて使用します。
電気メス(GIMA社製) 電気メス(GIMA社製)
手術中に起こる微出血を止めたり、予め出血傾向のある動物の切開を行なう場合に用います。腫瘍外科などで活躍します。
保温マット 保温マット
手術中の動物さんの体温低下を防ぎ、麻酔管理を安定させる為の循環式保温マットです。
サクション サクション
手術中のお腹の中を洗浄し、汚染された組織などを綺麗にします。
デンタルユニット(エアーベッツDC51) デンタルユニット
(エアーベッツDC51)

エアタービン、高速ハンドピースや3WAYシリンジ、バキュームを備え、注水しながら歯を削ったり歯牙分割が短時間でできます。
超音波治療器(エナック10WA) 超音波治療器
(エナック10WA)

デンタルユニットより小型で、簡単なスケーリング等で歯石を除去する際に使用します。
 
 
薬局    
薬局 ここで飼い主様にお渡しするお薬を準備します。
ICU(集中治療室)    
ICU(集中治療室) ICUは入院時や手術後の動物さんなど、容態を注意してみなければいけない場合に使います。
また緊急時には酸素テントを張って酸素室にすることもできます。
入院室(主にペットホテル用)
入院室(主にペットホテル用) 入院室は主にお預かりのワンちゃんが入るお部屋になります。
お預かりについては、掲示板や受付横のリーフレットをご参照ください。
ドックラン    
ドックラン そして最後に、病院の裏にはドッグランがあります。
たまにお預かりのワンちゃんで、あまりお散歩にいけない子を外に出すときや、メルモもひなたぼっこに使っています。
 
てらい動物病院はこのような設備で飼い主様、
動物さんに安心して来院いただける病院作りを目指しています。
動物さんにより負担の少ない良い環境を提供していけるよう、スタッフ一同努力して参ります。
PAGETOP