てらい動物病院|奈良県奈良市の動物病院,犬・猫などの健康管理、診察に対応しています

お知らせ 求人募集
アクセス よくあるご質問 電話番号:0742-52-1515(受付時間:9:00〜12:30 16:30〜19:30)

歯科診療

  • 手術について
  • 避妊・去勢手術
  • 歯科診療を受診希望の方へ
  • 歯科を学ぼう!歯科診療
  • 診療カレンダー Calendar
  • よくあるご質問 Q&A
  • はじめて子犬を飼う方へ
  • てらい動物病院 Blog
  • 歯科診療の考え方
  • 予防
  • 治療
  • 年齢別診療

3歳以上のわんちゃんの80%以上は歯周病!?

何故、わんちゃんが歯周病になりやすいのか。
それは現代の食生活の環境に大きく関わっています。

現在の動物に与えられるフードは、バランス・栄養面で非常にすぐれた製品が出ています。
また、比較的柔らかく食べやすさを追求しているものが多くあり、大きさ、固さ、形状などに関しては、動物が好むものが製品化されています。

しかし、本来の動物の食生活は、捕獲した動物を咬み、その動物の被毛を噛み切り、肉を引き裂くことによって、やっと食事ができます。

現代は、食べやすい食事である為「噛む」という行為がほぼありません。その為、歯に付いた汚れがどんどん蓄積され歯周病になりやすいのです。

歯周病は口の中だけでなく、くしゃみや鼻水などの顔周辺の病気を引き起こします。また、食事が食べれないなどの異常や歯周病を原因とする皮膚病をも引き起こします。

また、歯周病が進行してしまうと口臭の原因となるだけでなく、歯周病菌が炎症をおこしている部位の血液を介して、心臓から肝臓・腎臓などの全身の臓器に細菌を運んでしまい、様々な感染症を引き起こしてしまいます。


歯周病予防だけでない!歯みがきの重要性

当院がデンタルケアをおすすめする理由は、歯の健康のためだけではありません。
デンタルケア・歯みがきを実施する事で、動物さんと一緒に楽しくふれあう時間がふえるため、飼主様とのよりよい関係築き、満ち足りた豊かな生活を送ることができます。

〜動物らしい本来の食事行動〜

動物には、食物を獲得すつため生まれ持って備わっている、動物本来の行動パターンがあります。

  • (1) 嗅覚を使い獲物を探す、見つける
  • (2) 忍び寄る、おいかける
  • (3) 捕まえる
  • (4) 咬む、引き裂く
  • (5) 食べる

動物が自然界で食事を摂り生きていくためには、この様に獲物を自ら捕獲し食べるという一連の行為がないと生きていけません。
しかし、人間と一緒に生活しているわんちゃんは、飼主様から与えられたフードをわずかな時間で食べ終わり、食べ物を獲得するための一連の行動・本能が満たされていないのが現状です。

そして一日の大半を退屈な時間として過ごしていることが多くなります。
飼主様は、これらの本能を満たす為に、お散歩やおもちゃを使って遊んであげたり、デンタルガムなど噛むものを与え、ストレスを発散する機会をつくってあげて下さい。
犬本来の本能を満たしてあげることで、飼主様と動物の間によい関係を築き、かつ歯周病の予防をしていただく事が動物の生活の質を高めます。


わんちゃんとの信頼関係を築くために

前記のようにフードをただ与えるたけでは、『食べる』という動物の本能を満たす行為が一瞬で終わってしまうので、食事が終わると自由な時間をもてあまし、エネルギーの発散の結果いたずらをしたり、様々な問題行動を引き起こすことが多く見られます。

では、どのようにして、それらの欲求を満たしてあげればいいのでしょうか?
一連の本能行為を別の行動に置き換えるとこのようになります。

  • (1) 嗅覚を使い獲物を探す、見つける (=フード探し)
  • (2) 忍び寄る、おいかける (=お散歩、遊び)
  • (3) 捕まえる (=おもちゃ)
  • (4) 咬む、引き裂く (=ガム)
  • (5) 食べる

本能を満たすために散歩やおもちゃを使った遊びを実施したり、「デンタルガム」などを与え、噛む欲求を満たしたりして「動物とコミュニケーション」をとることが重要になります。

そして、遊びやデンタルガムだけでなく、飼主様が歯みがきを実施する事が、歯を健康に保つだけでなく「コミュニケーション」として、とても良い行為になります。

デンタルケアには口の中を触るという行為が発生します。本来動物では口を触る行為は、子犬が母親の口元を舐めることで、お母さんにご飯を要求するといった、親子関係などの強い絆で結ばれた信頼ある関係によってのみ生まれる行為です。

この口の中を触るという行為が、よく耳にする『マズルコントロール』という行為です。 しかし、このマズルコントロールを動物の口をむりやり押さえつけ、噛めない状態を力づくで作るといったような間違った理解されている方もいらっしゃいます。

歯みがきをすることにより、動物は自分のマズル(口元)を信頼できる飼主様にゆだねることで、さらに絆が深まり、安心感も与えることができるのです。


てらい動物病院と一緒にデンタルケアを始めましょう!

デンタルケアを行う事によって動物本来の行動を満たすことができ、かつ、歯周病が進行することがないよう、また病気の早期発見のために、てらい動物病院ではデンタルケアのアドバイスをさせて頂いています。
やり方がわからない、実際に教えて欲しいという方はお気軽にお問い合わせください。
またこのホームページの「予防」のページもご参考にしてください。

デンタルケアは動物の口だけでなく全身が触れるためのステップの一つになりますので、是非チャレンジしてみてください。動物が楽しく歯みがきができることをイメージして、積極的にとりくみましょう!


PAGETOP